/ ニュースセンター / 活動ニュース
  日本酒関連イベントで新潟のお酒をPR
  照會 : 2522 2012/01/09
  日本酒関連イベントで新潟のお酒をPR

このたび、日本に対する関心が深い研究者・教育者や、韓国における要人・著名人を対象としたイベントで新潟のお酒をPRしましたので、お知らせします。

1.「日本酒で乾杯、元気な日本発信事業」
 ● 日 時 2011年10月25日(火)18時〜 
 ● 場 所 韓国外国語大学ソウルキャンパス 本館地下キャンパス 大講堂
        (ソウル特別市東大門区里門洞270番地)
 ● 主 催 韓国外国語大学日本学部・日本自治体国際化協会ソウル事務所
 ● 共 催 新潟県ソウル事務所 ほか
 ● 出席者 日本研究者及び日本語教育者 約200名 
 ● 内 容 @ 日本酒に関する講演(日本酒の楽しみ方、魅力等について)
           講師 日本酒ソムリエ・利酒師 イ・ヒジョン 先生
              (ウェスティン朝鮮ホテル日式レストラン支配人)
        A 鏡割りおよび試飲会
          ほか
 ● 報 告 新潟のお酒の知名度は高く、各県のブースの中で一番人気があった。
 新潟の酒を初めて試飲した女性から、「とてもフルーティでおいしいお酒ですね」という意見を頂くなど新潟のお酒のおいしさと多様性を十分にPRできた。また、新潟の試飲ブース台に3種類の「鮭の酒びたし」(通常のもの、味噌漬、粕漬)をお酒のおつまみ用に提供した。どれも好評で、あっという間になくなってしまった。中には何回も新潟ブースに立ち寄り、鮭の酒びたしを取りに来る人もいたほどだ。






2.「天皇誕生日祝賀レセプション」
 ● 日 時 2011年12月1日(木) 19時〜
 ● 場 所 ロッテホテルソウル 2階 クリスタルボールルーム
        (ソウル特別市ソウル市 中区小公洞 1)
 ● 主 催 在大韓民国日本国大使館
 ● 対 象 韓国における要人並びに著名人等 約500名
 ● 内 容 レセプション参加者に対して、日本各地の農畜水産物、伝統工芸・芸能、
         文化・観光情報等のPR
 ● 報 告 新潟県ブースでは、観光パンフレットの提供、観光PRポスターの掲示のほか新潟県のお酒を用意し、試飲コーナーを設けた。お酒の試飲には韓国人の招待者のほか在韓の各国大使館関係者も多数参加していた。ある東欧の大使館関係者は新潟の日本酒に関する知識が豊富で、友人に対して自ら新潟のお酒について説明し、大吟醸酒、吟醸酒、本醸造酒など飲み比べていた。新潟の日本酒の知名度の広がりを感じる一コマであった。