/ ニュースセンター / 活動ニュース
  シェフパティシエ専門学校の生徒がソウルでチョコレート作りを学びました
  照會 : 1055 2016/11/30
  11月8日、新潟市のシェフパティシエ専門学校が、ソウル特別市城東区にあるショコラティエコリア「Pas de deux」を訪問し、交流を行いました。
 ショコラティエコリアは現在韓国内27ヶ所でチョコレートの専門職人「ショコラティエ」を育成する事業を行っており、両校は2013年に学術交流提携を結び、交流は今回が4回目。
調理・製菓を学ぶ新潟から来た生徒28名がチョコレート作りの基本や、チョコレートでバラを作る装飾技術について学びました。言葉が通じない中、身振り手振りでコミュニケーションを取り作業を進め、デコレーションする工程では各々の名前をハングルでどう書くのか教えてもらうなど交流を深めていました。
シェフパティシエ専門学校の中野先生からは「生徒が生き生きと楽しそうに取り組んでいるのでとてもよかった。今後もショコラティエコリア様と交流を続けていきたい」とおっしゃっていました。