/ ニュースセンター / 経済ニュース
  福島第一原発事故による新潟県への放射能の影響について
  照會 : 2156 2011/08/29
  新潟県が福島第一原子力発電所の事故発生からこれまでの間(平成23年5月25日現在)に実施してきた空間放射線量及び放射能の測定結果について、平成23年6月7日に開催した技術連絡会議で様々な分野の学識経験者から評価をいただきましたので、その内容をとりまとめ下記のとおり公表します。

                  記

学識経験者による評価
(1)現時点では、新潟県において健康に影響がでる放射能レベルではない。
(2)福島第一原発事故による放射能の放出が収束していない状況であり、半減期の長い放射性セシウムなどについて長期的な放射能監視が必要である。
(3)長期的監視に向け、セシウム134と137の放射能比を求めるなど、これまでに得られたデータを解析・整理し、今後の監視・検査方針を検討していく必要がある。


報告はこちらのファイルをごらんください( PDF形式 465 キロバイト)